王様の耳はロバの耳

言いたいけど言えないからここにうずめる

ドラマOFC 1〜2話感想

ドラマ『オールドファッションカップケーキ』第一話、第二話を見ました。



以下、ドラマの感想…になってるかわからないけど木村達成さんのお芝居が好きだなあと思った話です。




なんかもう、外川さんを見ていたら、自然と木村さんが今まで演じてきた役の数々が思い起こされて感慨深かったです。


↓この流れ…………



テニスの王子様の海堂

ハイキューの影山

弱虫ペダルの今泉

オールドファッションカップケーキの外川



_人人人人人人人人人人人_
> めちゃくちゃわかる <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄



なんていうかこう、黒髪で目元がキリッとしていて…天才肌で強気でクールっぽいんだけど感情表現が不器用みたいなキャラ……わかる……海堂→影山→今泉と来て外川になるのめちゃくちゃわかる………!!!!!



わかるんだけど!!!!
私が実際に見てきた最近の道のりはこう↓だったので、

※※※すみません、もしドラマの外川さんのイメージを壊したくない方がこのブログを読んでくださっていたら、ここまで飛んでください※※※






卒業タイムリミットの宇部先生

四月は君の嘘の有馬公生(左)

血の婚礼のレオナルド

ご本人(左から二番目)

オールドファッションカップケーキの外川



_人人人人人人人_
> わからない <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄



全然わからない……特に四番目のご本人のところがよくわからない………あまりにも陽キャすぎる………え……外川どこいった………有馬公生は……………??
というかこの写真のご本人こそが野末さんの言う「キャピキャピ」の権化みたいになってますけど………????




私が毎度毎度すごいなあと思うのは、お芝居をしている時の木村さんを見るといつも「素もこんな感じの人なんだろうなあ」と思わされてしまうことで。


影山とか今泉の時は中の人も天才肌でクールっぽい感じの人なんだろうなー、だからハマり役なんだろうなと思ってしまったし、
有馬公生を見てたら中の人もすごく繊細で引っ込み思案な人なのかなと思ってしまった。


でもどうやら違うらしい……!!
というのが何年か応援してきてわかったことなのですが、
それなのに外川さんを見て「中の人も常にキリッとしたクールな感じの人なのでは?」と思ってしまった、悔しい!!いや悔しくはない、清々しい。
見るたびに違う顔をしているから、本当に楽しい。飽きない。嬉しい。面白い。ますます好きになっていく。



FODでオールドファッションカップケーキを見た後にYouTubeでも1話を見ようとしたら、
この『四月は君の嘘』のコメント動画が出てきたので思わず見てしまったんですけど、


当たり前なんだけど(扮装は公生だけど)公生でもないし外川でもないし、「誰!!?!?」と思ってしまって楽しい。
最後の「みんなー」ってやつ何……可愛すぎるんですけど………
あと、BGMに木村さんの歌声が流れてて「歌うの!?!?」と思ってしまった(ミュージカルだから歌うよ)。外川ってカラオケとか行っても絶対歌わなそうじゃないですか……それか職場の人に再三促されてようやく歌う感じ……で何歌うのかと思ったら真顔で「宇宙刑事ギャバン」のOPとか歌い始めて「おまえいくつだよ」って言われるやつ。知らんけど。



俳優さんはみんなそうかもしれませんが、木村さんの演じる役を好きになっても、木村さんが本人に戻るとその役は大抵「いない」のでいつも不思議な気持ちになります。どこからあの役が出てきたの……?と。でも、だからこそどんどん興味が湧いて、もっともっと色んな役をやっているところが見たくてここまで来ました。



そして先日、木村さんの演じる有馬公生を見て、いやもうこれは本当にこれまでの集大成みたいに思えるし、歌めちゃくちゃ上手くなってるし、もうこれ見られたのファン冥利に尽きるわ………もうファンとしての最終回だわ………と思ったのでした。
これからもどんどんミュージカルで活躍してほしい……私はもう体力もないしそろそろちゃんと日常に専念しないと………楽しい時間をありがとう木村達成さん………………………………………

















と思ったんですけど、
いや普通にオールドファッションカップケーキ見たらファンとしての第二章始まったよね。
めちゃくちゃよくない!?!!!?!!?


なんかもう、こんなに歌が上手くなったらどんどん歌わないともったいないとか思ってたけど、歌わなくてもいいわ 全然いいわ。
てか歌わないハイキューでファンになったから数年後にグランドミュージカルで主役を張るようになるなんてその頃は全く想像してなかったし、そもそも黒髪で目元がキリッとしていて天才肌でクールっぽいんだけど感情表現が不器用みたいなキャラ(影山)を演じるそのお芝居を好きになったんだったわっていう超初心をまざまざと思い出しました。




そしてこの献身的なところも持ち合わせている外川さん、好きにならないわけがなかった……




第一話で好きなところいっぱいあるんですけど、とりあえず「常に〜優秀な部下として 成長したわけです。(パクモグモグ)朝から晩まで〜」のところ、しれっと自分で自分の優秀さを自覚してるキャラに弱いので好きですね…あとパンケーキ切ったり食べたりするタイミングがいい。てか声がいい。


でも一番好きなのは、野末さんが「うまい!」ってなって外川が嬉しそうな顔をするところ…のあとに野末さんが「外川くん」って言った時、微笑んだまま目線を上げてしまったんだけどすぐに表情筋を部下の顔に戻すところ!
今まではこうやって優秀な部下であり続けてきて、でもそれが綻び始めた、というのがここに詰まっている気がして最高ですね……



そして第二話は第一話より外川さんの表情にどんどん感情が滲み出てくるからさらに良くて、好きなところ全部書きたいけど書ききれない!いっぱいあるから!
個人的に一番「そういう演技するから好きだなー」と思ったのは、パフェに並んでて野末さんが「職場の上司ってだけで…」って言いだした時の逡巡と「まさか」って言いだした時の一瞬の緊張を移ろわせる、表情、呼吸、顔と身体のこわばりです。外川さんの中に、野末さんに気づいてほしい、気づいてほしくない、まだどちらの気持ちもあるのかなあというのが伝わってくるようで。
それでいて「ノールック『来週はどこ行きましょうか』」キメちゃうんでその夢中という名の唐突な横柄さがもうめちゃくちゃいいですね……全部いい……全部………


あと妙に印象的だったのが「初体験でしょう?スムージー。」の言い方……原作の外川さんは野末さんに対していつも通りの言葉遣いとして言ってるんだけど、木村さんの言い方は「でしょう?」の意味合いがなんか違うんですよね、妙にふてぶてしくて圧があって野末さんなら怒らないという自信と甘えがある感じ。このちょっとした距離感の詰め方みたいなのがなんとなく木村さんっぽいな、、、と思いました。

(ドラマの外川さんは原作の容姿のイメージとはだいぶ違うなあと思うので、原作ファンの方がどう感じていらっしゃるのかな…というのは気になるところではあります)



武田さんの野末さん、現実とファンタジーの絶妙なラインにいてすごいなあと思います。かなりの前傾姿勢で資料見てるところとか、普通ならさみしい感じになりかねない姿なのに「可愛らしい」ので感動してしまう。あとどんなシチュエーションでも全然嫌味がなくて、これって野末さんを実写化するにあたって一番必要なことかもしれない…と思ったりしました。外川さんが激詰めしがちな分、野末さんのまったりした口調が優しく心地よい。
パフェの写真を撮るところでスプーン持ってるのが演出とかではなく武田さんが思わずやってしまったことだと知って、心の中で100億いいねしました。




あと個人的に脚本がいいなあと思っていて、原作の流れや印象的な台詞については余計な改変を加えることなく踏襲しつつ、一話は煙草、二話は三つ揃いのスーツという原作の小道具をキーに台詞を追加して物語を貫かせることで25分のドラマとしての座りが良くなっているなあと。しかも、野末さんが外川さんの望むほうに変わっていっているという副産物つきで……!
野末さんのスーツに気づいて椅子ごと横にズサーする外川さんの後ろ姿が可愛かった。ちょっと宇部先生思い出したけど。(今後木村さんが椅子のキャスターで移動するたびに宇部っちのこと思い出すと思う)
一話で、詰め込んで食べる外川を見て昔の肉まん食べてた外川を思い出す流れになってたのも映像として映える綺麗な変更だったなあと…(原作は昔はやけ酒してて何も食べてなかった)前髪おろしてもぐもぐしてる外川くんが可愛いので見られてありがたかったです…
ていうかパンケーキのシーン、木村さんは生クリーム苦手なのにめちゃくちゃ詰め込んでてすごい…お疲れ様です…ありがとう…いいシーンです…
このまま原作を大切に大切に映像化してくれていたらとても良い作品になる気がして、今の時点でかなり期待しています。




そういえばこれは舞台の時もそうなんですけど、木村さんの「どうぞ」と促す手の仕草が好きなので一、二話だけで二、三回やっててすごいお得だな……と思いました。しかもドラマ、見たいと思ったシーン何度でも見れるじゃん……やばくない……???
舞台のお芝居を見て何度「もう一度見たい」と願ってきたことか!!!!!
ドラマすごくない?永遠にリピートできるじゃん……夢かよ………すごい……最高………文明ありがとう…………


(追記:でもこれからも舞台に立ち続けてほしい、ミュージカルに出続けてほしいというのは変わりません…!舞台上の姿と、歌声が大好きなので!!)



感情がぼろぼろぽろぽろとあらわになっていくところでさらなる木村さんの本領発揮となるかも……と思っているので、3話以降も楽しみです。



以上


【全国ツアー中】『四月は君の嘘』PV

・富山公演:6/25(土)出演
・福岡公演:7/1(金)、7/3(日)出演
・7/1 18時の公演はライブ配信されます(7/8 23:59までのアーカイブ配信付き)